メインイメージ画像

買取の際にスタッフによる査定が3つの方法で目視にて行われます

実際に買取を利用する場合、買取手続きでは、査定と呼ばれるものが行われる事になります。査定とは、買取って欲しい品物に対する状態確認です。そもそも品物を買取っているお店としては、物状態を重視している傾向があります。何故なら買取の金額は、物品の状態に左右されるからです。

状態が良い品物の場合は、比較的高めな金額が付く傾向がありますが、悪い状態の場合は金額が満足いかない事も多々あります。しかし、その状態の善し悪しなど、買取業者としては目視で確認しなければ、分からない事も多々あるのです。その為、お店のスタッフは、来店客が提示してきた品物の状態を目視で確認しています。

そうする事で来店客に対して、買取金額を算出している訳です。そして査定した段階では、基本的には料金がかかる場合は無いのです。

買取店において、手数料は発生する事はあります。実際の売却手続きが確定した時点では、来店客から手数料を徴収するケースは多々あるのです。しかし徴収をされるのは、あくまでも確定した時になります。売却が成立しない段階においては、まだ料金が徴収される訳ではないのです。ですから、何社で査定を受けても、基本的に手数料が生じる事は無い訳です。

ところでその査定の方法も、何種類かあります。1つではないのです。例えば実店舗で、査定する方法があります。買取を行っている店舗では、必ずと言って良いほど誰かスタッフの方も常駐しているのです。その人に対して品物を見せれば、上記された状態確認などを行ってくれます。また出張による方法などもあるのです。

お店によって、買取希望者の自宅に訪問をしています。そして自宅の玄関先にて、品物の現状確認が行われるのが一般的です。ただし乗用車などの場合は、駐車場でコンディション確認が行われる事もあります。それと郵送における方法もあります。買取を依頼する人が物品をお店に郵送して、スタッフの方が状態確認をする方法になります。すなわち査定の方法には、全部で3種類がある訳です。

更新情報